元通りのさらさらな状態の
ウィッグに戻したい

お気に入りのウィッグは、使う機会が多いと傷みやすく、絡まってしまったり、ボサボサになってしまいがちです。
しっかりとケアをすることで、新品のようなサラサラの状態に戻すことができます。
家にあるものを活用してお手入れをしましょう。



ボサボサになったウィッグもサラサラな状態に戻せるお手入れ方法

ボサボサになってしまったり、絡まってヘアスタイルが崩れてしまったウィッグは、シャンプーやリンス、柔軟剤を使ってお手入れすることで、元のサラサラな状態に戻すことができます。ウィッグは、ポリエステルなどの化繊で作られていることが多く、家で洗ってお手入れできる素材の場合があります。絡まっている場合は、ウィッグ用のブラシやコームで毛先から梳かしてから、根元部分に取り掛かるといいでしょう。カールがかかっているものは、コームの柄の先でほぐすようにするのがおすすめです。

洗面器にシャンプーの水溶液を作って溶かし、軽く2、3回押し洗いをしてからすすいで、リンスを溶かした水溶液で、洗う時と同様にしてすすぎましょう。ウィッグの長さがある場合やカールがきつい場合には、絡みを防ぐため、洗濯ネットに入れるといいでしょう。軽く水気を切ってから、適量の柔軟剤を水に入れかき混ぜて溶かしきってから、30分程度漬け置くようにします。軽く流水で流して、柔軟剤を落としてから、綺麗なタオルに挟んで水気を取るといいでしょう。ブラシで梳かし、スタンドにウィッグを掛けて自然乾燥させて、お手入れ終了です。耐熱タイプのウィッグなら、ドライヤーで乾かすと早く乾燥しますが、できれば冷風を使うようにするのがおすすめです。柔軟剤の効果で、ウィッグのサラサラした感じが戻ってくるでしょう。





愛用のウィッグを長持ちさせるケアグッズ

気に入ったウィッグは、着用する回数が多いために、毛先が広がったりするトラブルが多くなり、破損の原因にもなりかねません。

気付かれないウィッグの装着テクニックとは?

近年おしゃれなウィッグがたくさんあって自由自在にヘアスタイルのおしゃれも楽しめるようになりました。

静電気対策!広がりやパサつきにお悩みの方へ

ウィッグを利用すると、静電気が起きる場合があり、着用して地毛となじませても、パサついてしまったり、ウィッグが浮いて横に広がったりしてしまうことがあります



ウィッグで作る縦ロールの作り方

ロングヘアーの縦ロールはいつでも女の子の憧れですよね。しかし、実際してみようとすると、縦ロールをできるまで髪の毛を伸ばすのは難しい…。

ウィッグでツインテールのアレンジ

女の子ならではの髪型、ツインテールはアイドルやアニメのキャラの影響もあって、そのかわいらしい印象は男女共に人気があります。

プラスすることで雰囲気が変わる!毛束の作り方

ウィッグをアレンジする方法の一つとして、毛束をプラスするという方法があります。




kidspaces

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。


kidspaces.info© 2015 All rights reserved. All Rights Reserved Made with by kidspaces.info