ウィッグの静電気対策!
広がりやパサつきにお悩みの方へ

ウィッグを利用すると、静電気が起きる場合があり、着用して地毛となじませても、パサついてしまったり、ウィッグが浮いて横に広がったりしてしまうことがあります。
静電気が起きにくい対策や対処法を提案したいと思います。



静電気防止のための道具やお手入れの方法

お洒落用のウィッグの場合は、化学繊維が使われていることが多いです。乾燥している寒い冬の時期や、エアコン等で乾燥している場所では、静電気が起こりやすくなりますので、パサついて地毛から浮いてしまって見えることがあったり、横に広がってしまったり、肌に独特の嫌な刺激を感じてしまったりして、困る方もいらっしゃるでしょう。外出する前にヘアスタイルを整えたり、出先で急いで対処したりするために、静電気防止のウィッグ用のコームやブラシを揃えておくといいでしょう。出かける前にブラシで軽く梳かして整え、出先にはコームを持って行くと荷物になりません。ブラシはウィッグが絡まりにくいように、間が広く空いていて、毛先が丸くなっています。コームは金属製のものが多く、ウィッグと地毛に余計な摩擦を与えないように、梳かしても馴染みやすくなっています。

普段のウィッグのお手入れには、ウィッグ専用のスプレーを利用するのがおすすめです。適量をウィッグ全体にスプレーし、専用のブラシで軽くブラッシングすると、パサつきが治まり、艶も戻ってきますし、長く使うことができます。ウィッグの湿度を保ち、表面がオイルやシリコンなどの成分でコーティングされるため、静電気が発生しにくくなるでしょう。





ウィッグで作る縦ロールの作り方

ロングヘアーの縦ロールはいつでも女の子の憧れですよね。しかし、実際してみようとすると、縦ロールをできるまで髪の毛を伸ばすのは難しい…。

ウィッグでツインテールのアレンジ

女の子ならではの髪型、ツインテールはアイドルやアニメのキャラの影響もあって、そのかわいらしい印象は男女共に人気があります。

プラスすることで雰囲気が変わる!毛束の作り方

ウィッグをアレンジする方法の一つとして、毛束をプラスするという方法があります。



さらさらな状態のウィッグに戻したい

お気に入りのウィッグは、使う機会が多いと傷みやすく、絡まってしまったり、ボサボサになってしまいがちです。

愛用のウィッグを長持ちさせるケアグッズ

気に入ったウィッグは、着用する回数が多いために、毛先が広がったりするトラブルが多くなり、破損の原因にもなりかねません。

気付かれないウィッグの装着テクニックとは?

近年おしゃれなウィッグがたくさんあって自由自在にヘアスタイルのおしゃれも楽しめるようになりました。




kidspaces

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。


kidspaces.info© 2015 All rights reserved. All Rights Reserved Made with by kidspaces.info