これで安心!
気付かれないウィッグの装着テクニックとは?

近年おしゃれなウィッグがたくさんあって自由自在にヘアスタイルのおしゃれも楽しめるようになりました。せっかくだから、付けていることがばれないようにしたいもの。
ウィッグの自然な装着方法のポイントについて見ていきましょう。



髪に馴染むウィッグの選び方と装着方法を知ろう。

いかに自然にウィッグを見せるかというのは、まずウィッグの選び方が肝心です。ウィッグ選びの際のコツとして、ひとつめは自分の髪の質や色とできるだけ違和感がないものにするということです。さらにツヤにおいても、加工していると分かるような不自然なテカリがあるものは控えましょう。その次に、ウィッグの重さやつむじの膨らみ具合などもチェックします。小顔で髪の毛も細い人が重いウィッグを装着すると、ウィッグが頭の上に乗っている感じが出てしまいます。自分の髪の量や質、顔の大きさに合わせて、ウィッグの大きさや重さも選ぶようにします。またつむじが自然に膨らんでいて髪の流れにも合っているならば、装着しても違和感を感じないでしょう。

サイズ調整できるようなアジャスターが付いているものも使いやすいです。さらに装着時のポイントとしては、ウィッグを付けた後に地毛とウィッグを一緒に軽くブラッシングします。つむじの部分も空気を入れる感じで、ブラシを入れておきましょう。わざと逆毛にブラッシングしてから整えるのもひとつの方法です。つむじ位置は自分のつむじ位置と同じ場所に来るように合わせるようにします。アクセサリーを付けてごまかしても良いですね。





静電気対策!広がりやパサつきにお悩みの方へ

ウィッグを利用すると、静電気が起きる場合があり、着用して地毛となじませても、パサついてしまったり、ウィッグが浮いて横に広がったりしてしまうことがあります

ウィッグで作る縦ロールの作り方

ロングヘアーの縦ロールはいつでも女の子の憧れですよね。しかし、実際してみようとすると、縦ロールをできるまで髪の毛を伸ばすのは難しい…。

ウィッグでツインテールのアレンジ

女の子ならではの髪型、ツインテールはアイドルやアニメのキャラの影響もあって、そのかわいらしい印象は男女共に人気があります。



プラスすることで雰囲気が変わる!毛束の作り方

ウィッグをアレンジする方法の一つとして、毛束をプラスするという方法があります。

さらさらな状態のウィッグに戻したい

お気に入りのウィッグは、使う機会が多いと傷みやすく、絡まってしまったり、ボサボサになってしまいがちです。

愛用のウィッグを長持ちさせるケアグッズ

気に入ったウィッグは、着用する回数が多いために、毛先が広がったりするトラブルが多くなり、破損の原因にもなりかねません。




kidspaces

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。

掲載記事の参照元:メンズウィッグ / ウィッグ通販の総合専門店


kidspaces.info© 2015 All rights reserved. All Rights Reserved Made with by kidspaces.info